草花の実験室

Just another WordPress site

草木染め―茜(絹とウール)

| 0件のコメント

前回は、木綿のナプキンを茜で染めてみました。木綿処理としてタンニンを使用し、ミョウバン媒染液を使いました。茜を購入したネットショップによると、染液は煮ないようにということでした。

前回の茜の染液を保存しておいたので、絹とウールを染めてみました。精錬はずっと以前にやってあります。

今回は、染液の中に酢を少量(1リットルに対して1㏄)入れてみました。今回は染液を80℃の温度まで熱して、水で湿らした絹を30分ぐらい煮ました。熱を冷ました後、余分な染液を絞り出します。その後、ミョウバン媒染液の中で10分ほど煮詰めて冷却しました。布を水できれいにすすぎ、日陰で干しました。

出来上がりです。やはり、木綿よりもずっと濃い色に染まりました。

ウールも絹と同じ要領で染めてみました。

絹、ウール、木綿を並べてみました。絹が一番よく染まっています。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村

コメントを残す

必須欄は * がついています