草花の実験室

Just another WordPress site

草木染めーバラの葉と枝

| 1件のコメント

バラの葉と枝でも、草木染はできます。

まず、葉と枝を乾燥させます。私は、生け花に使った後のバラの枝や、庭で選定されたバラの葉や枝を箱に保存しておきます。特にどれぐらいの期間乾燥させるという決まりはないです。

バラの葉と枝は弱火で1時間ぐらい煮て、葉 と枝を鍋から取り出します。 バラの葉と枝の 分量は、染める布と同量です。

精錬の仕方は繊維の素材によって異なります。今回は、木綿のガーゼを使用しましたのでソーダ灰を精錬に使いました。

その後、たんぱく処理をして布を乾かします。

鉄媒染として、媒染剤にはFerrous Sulfateを使用しました。布100グラムに対して、0.5カップの水と小さじ0.25のFerrous Sulfateを溶かします。

布を染液の中で30分ぐらい煮て、その後、布を媒染液に浸します。これを2回ぐらい繰り返しました。

完成品です。ローズマリーの草木染よりも薄い灰色です。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村

1件のコメント

コメントを残す

必須欄は * がついています