草花の実験室

Just another WordPress site

草木染めーローズマリーの枝

| 0件のコメント

ローズマリーは枝でも葉っぱだけでも、草木染めとして使えます。

染液を作るときは、一時間ぐらい弱火で煮詰めます。煮詰めている間、部屋の中がローズマリーの香りで充満し、とてもいいアロマセラピーになります。私は、染液をペットボトルなどに入れ、倉庫などに保管しておきます。

今回は、ローズマリーを鉄媒染で木綿と絹を染めたものを紹介します。

動物性繊維と植物性繊維は、精錬の仕方が違うので、詳しくは精錬の記事をチェックしてください。

動物性繊維の方が染まりやすいので、絹を染めるときは染液で煮て鉄媒染をするのは1回にしておきました。木綿の場合は、染液と鉄媒染を2回から3回繰り返します。

鉄分を繊維に残すとよくないので、水でよくすすいだのち洗濯機でさらに20分のサイクルで水洗いしました。

色はどちらも少し緑がかった灰色です。日光の下だと、その緑の色素が浮き立つようです。

こちらは絹を染めたものです。
こちらは、木綿を染めたものです。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村

コメントを残す

必須欄は * がついています