草花の実験室

Just another WordPress site

草木染めー精錬(SCOURING)

| 0件のコメント

見た目にはわかりませんが、繊維には不純物や汚れ、あるいはのりなどが付着している可能性があり、染色前にそれらを落とす必要があります。精錬(SCOURING)はそういった不純物を取り除く作業で、染色の前に必要なです。

精錬の仕方は繊維によって異なります。

動物性繊維の精錬方法

  • 動物性繊維を精錬する場合は中性洗剤を使用します。
  • 布500グラムに対して、小匙1/2の中性洗剤を使います。
  • ステンレスの鍋に中性洗剤を入れ、 布が十分浸るぐらいの水を入れます。
  • 鍋に 布を入れ、沸騰させることなく華氏180度(摂氏82度)まで徐々に30分間温度を上げます。。
  • 更に30分間かき混ぜながら、その温度を保ちます。
  • 火を止めて水を冷まし、布を冷水ですすぎ中性洗剤を落とします。
  • もし、水が褐色ならば、もう一度、上記の作業を繰り返します。
  • 布はそのまま染色できますが、プラスチックの袋に入れて後で染色することもできます。その場合は、約7日間は大丈夫です。

植物性繊維の精錬方法

  • 植物性繊維を精錬する場合は、ソーダ灰を使います。
  • 布100gに対し、1/4カップの湯に小匙1/4のソーダ灰を溶かしたものを使います。
  • ステンレスの鍋にソーダ灰を入れ 布が十分浸るぐらい水をいれます。
  • 鍋に布を入れ、沸騰させることなく華氏180度(摂氏82度)まで30分間徐々に温度を上げます。
  • 更に30分間かき混ぜながらその温度を保ちます。
  • 火を止めて水を冷まし、布を冷水ですすぎソーダ灰を落とします。
  • もし、水が褐色ならば、もう一度、上記の作業を繰り返します。
  • 布はそのまま染色できますが、プラスチックの袋に入れて後で染色することもできます。その場合は、約2-3日間は大丈夫です。
アマゾンから買ったソーダ灰です。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村

コメントを残す

必須欄は * がついています